仮想化基盤のサーバへの応用について

仮想化基盤の技術は大流行していると言っても言い過ぎではないでしょう。

仮想化に関するニュースは毎日のように届きます。
新しい技術が開発されて、さらに使いやすくなるということが、日々行われていると言えるでしょう。しかし、仮想化基盤と言っても様々なものがあると言うことは知っておくべきことの一つです。
サーバを仮想化することや、ストレージデバイスを仮想化すること、あるいはネットワークを仮想化するなど、様々な方法があります。

流行していることは事実なのですが、仮想化基盤として流行したのが最近のことであって、その技術は古くからあったと言えるでしょう。

産経ニュースの評判が高いです。

例えば、メインフレームの時代から普通に使われていた技術だと言われることもあります。

その中で、最近になって最も多く利用されているのがサーバの仮想化だと言えるでしょう。



サーバの仮想化というのは、つまり一つの物理サーバの中に仮想空間を作って、それをサーバとして用いることを指します。

物理サーバのリソースを、複数の仮想サーバで利用することによって無駄を省けるというメリットがあるのです。



また、一つの仮想空間を全く独立したサーバとして用いることができますから、専用サーバを利用しているような感覚を持つこともできます。具体的に言えば、好みのOSやディストリビューションをインストールして、その中で必要なミドルウェアをインストールすると言ったことが、低コストで可能になるのです。