身近な仮想化基盤の技術

仮想化基盤というと、サーバーを利用するエンジニアのための技術だというイメージが強いと思いますが、広い意味では身近なところにもありますし、誰でも利用できます。


そもそも仮想化というのは、一つのコンピューターに別のコンピューターがあるかのように見せかける技術を指しますから、個人でも利用しているケースもあります。

例えば、あるOSで作業をしている技術者がいたとしましょう。


この人が、そのOSで正常に動くようなウェブアプリケーションを開発したとします。

しかし、別のOSで正常に動くのかどうか確認したければ、別のOSでアクセスしなければなりません。
それが面倒なときに、仮想化するわけです。



これはパソコンでも可能です。


あるOSが搭載されたパソコンに仮想空間を作り、その仮想空間の中に別のOSをインストールすると言ったことが可能です。
これが仮想化基盤の優れたところだと言えるでしょう。

最近のAll About情報選びをサポートします。

こうすることによって、あるOSを操作しながら、仮想空間の中で別のOSを操作すると言ったことが可能です。

異なるOSでの挙動を確認するために使うことができます。



このようにして、一つの物理的なコンピューターの中に複数の仮想空間を作れば、異なるOSを利用することも可能になってきたのです。

これが仮想化基盤の優れたところだと言えるでしょう。

クロスプラットフォームの技術を開発するときに、仮想化基盤を用いることによって効率的な作業を行えるようになったのです。