ソフトウェアで漫画やイラストを作成するプロ達

作業をデジタル化する業界が近年急増して来ており、それは日本のクリエイティブ分野も例外ではありません。


漫画やイラストを作成出来るソフトウェアが数多く販売されています。



かつてパソコンとペンタブレットが普及し始めた頃の製品は、線画の品質や操作性がアナログとは違っていたため、プロの漫画家やイラストレーターが本格的に導入する事はありませんでした。

しかし、今現在ではアナログツールを捨て、ソフトウェアでの作画に移行する漫画家やアニメーション監督、プロのイラストレーターが急増中です。

数十年、鉛筆と黒インクで戦ってきたクリエイティブ業界の大家も、今ではペイント系のソフトウェアで彩色と作画を行っているのが実情です。なぜ、アナログ的な発想にうるさいプロのクリエーターがソフトウェアでの作業に移行し始めたか、それには明確な理由があります。

All Aboutの詳細情報を掲載しています。

現実問題として、最近のクリエイティブ業界は速度が何より優先されます。



漫画やイラストをアナログの道具だけで作成すると、インクの乾きを待ったりする時間などが掛かり、とても手間が増えるのです。
その点、ソフトウェアでの作業なら、明確な時短が可能です。

色塗りはペンタブレットでサクサク進められますし、水彩画や油絵風のドローイングをしても、アナログのような待ち時間は要りません更にクライアントからの修正依頼を受けて、キャラクタのパーツを変えたり、彩色の色味を修正する事も簡単ですので、パソコンで作業をすれば仕事量が倍増し、効率が非常にアップするのです。