仮想化基盤の進歩の一因としてのハードウェアの統一

仮想化基盤が開発されたのはそれほど新しい時代ではありませんが、開発されて当初はあまり普及を見せませんでした。

現在ではかなり普及していて、例えばWindows上でMacOSを起動させるといったことが可能ですし、その逆も可能です。


あるいは、Windows上でLinuxを起動させるといったことが可能です。



なぜこのようなことができるようになってきたのでしょうか。

かつて、Windows上でLinuxを起動させるためには、そのためのソフトウェアが必要となりました。Linuxでの命令をWindowsの命令に変換するといった形のことが行われていたのです。

このような変換をするソフトウェアがそれぞれで開発されていたために、別のOSを動かすことは可能だったのです。

Yahoo!ニュースはとっても評判が良くて有名です。

しかし、現在では仮想化基盤が開発されたために、それぞれのOSに合わせたソフトウェアを開発する必要はなく、仮想空間を作れば、そこにどんなOSでもインストールできるようになりました。

その理由は割と簡単です。

というのも、かつてはOSをインストールできるハードウェアは、それぞれのOSで決まっていたからだといえるでしょう。
例えば、Windowsをインストールできるハードウェアは、PC/AT互換機という企画に沿ったものでした。

現在はというと、ハードウェアの規格はほぼ統一されたと言ってよいでしょう。



規格が一つしか内容になったために、仮想化基盤の技術を利用しやすくなったのです。